Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2010

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Yutaro Asako
マウスの音楽弁別 ―超音波を用いて―
Saori Asanuma
ハト(columba livia)における単純化された音楽の弁別訓練
Tomoyo Ishizaka
β2mノックアウトマウスの行動表現型解析
Tsukasa Kakitani
コモンマーモセット(Calithlix jacchus)における聴覚弁別
Masaki Kanai
ハシブトガラス(Corvus macrorhynchos)の道具使用訓練
Junko Sugiura
ハシブトガラス(Corvus macrorhynchos)とハシボソガラス(Corvus corone)の コンタクトコールにおける減衰および周波数成分の比較
Kimiaki Haga
新旧抗ヒスタミン薬ガラットの作動記憶に与える影響

Masuda Laboratory

Sayuri Kan
明るさ誘導における構成要因の検討

Itoh Laboratory

Moeko Sakamoto
日本語漢字における処理過程及び心的語彙の構造
Yumi Sugiyama
色がニオイ記憶に与える影響の検討
Saki Nakamura
言語教示を用いた恐怖感情除去が想起に及ぼす効果
Akari Nagaki
自伝的記憶の想起視点と認知インタビューにおける視点変換の効果との関係について
Minori Noda
効果音における言語隠蔽効果の検討
Shiori Miyashita
過程分離手続きを用いた気分一致効果の検討

Yamamoto Laboratory

Takayuki Inaba
発達障害児の自発的コミュニケーションを生み出す条件の検討
Masahiro Imafuku
乳児における自己の名前に対する脳反応:NIRSと行動指標による検討
Yoko Hakuno
乳児における単語分節化と語意獲得:社会的相互作業が果たす役割

Umeda Laboratory

Yuka Okada
心拍のfalse feedbackが再認判断に及ぼす影響
Akio Ogawa
経過時間評価のゆがみを引き起こす要因について
Eriko Koremura
社会性不安傾向から見た微細表情の認識
Yurie Goto
Sense of agencyの神経基盤について
Nanako Sugiyama
不安傾向から見たエピソード的未来思考
Marie Fukushima
TOT現象を生起させる要因の実験的検討
~TOTishを用いて~
Momoko Hosokawa
感情語ストループ効果とアレキシサイミア傾向
Yuka Masuya
時間知覚に及ぼす表情と視線の役割
Maiko Mori
Arousalが時間知覚に及ぼす影響について

Kawabata Laboratory

Kosuke Yamamoto
Temporal recalibration of vocal sensory by the auditory in formation feedback

Master’s thesis

Watanabe Laboratory

Naomi Inoue
マウスの空間認知における海馬苔状繊維の役割
Hayato Gokan
環境馴化に伴うコモンマーモセットの発声変化
Naoko Yanagibori
ハシブトガラスの群れにおける情報伝播

Sakagami Laboratory

Megumi Nagashima
選択肢の組み合わせや選択場面の呈示の履歴が同一価値の選択肢間の選好に及ぼす効果

Yamamoto Laboratory

Mikimasa Omori
刺激ペアリングによる等価関係の成立条件:発達障害児の「読み」「書き」を通した分析
page top