Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2008

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Naoko Yanagibori
ハシブトガラス(Corvus macrorhynchos)の集団採餌における優劣関係の影響
Chieko Echigo
マーモセットにおける道具使用訓練と道具の機能の理解に関する実験的検討
Hayato Gokan
Syntaxin1A Knock-Outマウスは自閉症モデルマウスか
~4種の行動実験からの検討~
Naomi Inoue
空間の角が中心の特定に与える影響

Sakagami Laboratory

Misato Murakami
二者択一の場面での眼球運動と選好の関係
Megumi Nagashima
Within-trial contrastの信頼性の検討

Itoh Laboratory

Yuka Ito
部分または全体への注目が洞察問題の解決過程に与える影響
Navon課題の後に9点問題を行った場合の考察
Yuki Kawarabayashi
ヒトはどう矛盾を解消するか ~痴漢冤罪事件への適用を目指して~
Keiji Takeishi
感情誤帰属手続きを用いた企業評価の測定
Nozomi Tanibu
「その他」を含む多肢選択問題におけるテスト効果と確信度との関係
Takeshi Hisamatsu
支持性忘却 選択的リハーサルと検索抑制が生じるための条件
Akiko Wakamatsu
認知的要因の快不快がにおいに与える影響 ―言語ラベルを用いて―

Kojima Laboratory

Ayako Ueno
嘘の理解と性格特性
Yu Sugiyama
文の"自然さ"判断に関する脳活動
Shungo Suzuki
NIRSによる虚偽検出検査

Yamamoto Laboratory

Mikimasa Omori
発達障害児の言語における刺激間の派生関係の生起と書字反応への転移について
Shiho Kuwahara
乳児は自分に出来る動作と出来ない動作のどちらを好むのか?
Sae Suzuki
学習障害児の漢字学習における漢字イメージ付加の効果について
Masaki Yamauchi
Respondent-type procedureを用いた読みの流暢性の獲得

Master’s thesis

Watanabe Laboratory

Yuko Ikkatai
Formation of social relationships in a flock of budgerigars(Melopsittacus undulatus)
Ryo Kurashima
Motivation and delayed choice
-Effects of deprivation on impulsive choice and impulsiv action-
Kei Nishizawa
Neural substrates of social recognition in birds
-A gene expression analysis-

Yamamoto Laboratory

Kumiko Yamamoto
発達障害児の社会的コミュニケーションスキル
―他者の感情理解と社会的問題解決行動―
Hitomi Kuma
自閉症スペクトラム障害における共同注意と社会的参照行動
Ai Kobayashi
日本語母語乳児の単語分節化に関する発達研究
Yuno Takeuchi
叙述言語機能の発達過程と支援方法
page top